Saildrone(セイルドローン)6千万ドル規模のファンディング終結!

ドローン ニュース!風力利用、海の上を飛行しているドローン台数増やして国際事業拡張

海の上を飛んでいる無人ドローンを通じて収集された海洋関連の高解像度データを供給する

セイルドローン(Saildrone、Inc.)社が地球の状態をリアルタイムに観察する全世界のドローン台数を増やすために、6千万ドル規模のBシリーズファンディングを終結したと発表しました。

今回のファンディングはキャプリコーンのテクノロジーインパクトファンド、ルクスキャピタル、ソーシャルキャピタルとシュミットファミリーファンデーションなど、

従来の投資者たちが参加した中でホライズンベンチャーズが主導しました。



今回のファンディングを含めてこの会社が商業活動を開始した2016年以降に造成した資金総額はほとんど9千万ドルに達します。

セールのドローンは、’地区の計量化’をビジョンとしており、天気を把握して、魚族資源を管理し、海の現場の研究に必要な核心データを提供するための次世代海洋インフラを、前例のない規模と最高の費用効率性を通じて構築しています。

セイルドローンは、設立後、NOAA(米国海洋大気庁)及びNASA(米航空宇宙局)のような米国機関と成功的に協力することで、高品質の海洋観測資料を供給してきました。

この会社は事業拡大の一環としてオーストラリア基盤のCSIRO(オーストラリア連邦科学院)と長年コラボを通じて、タスメニア島ホバートで行われる南太平洋事業を開始したと最近発表した。



セールのドローンはまた、カリフォルニア州アラ担ぐに18,600平方メートルにのぼる先端製造施設を完工したことがあります。

この施設拡張を通じて、全世界の海を6 x 6級の解像度で観測することができる自律飛行体1000台の迅速な製造と配置が可能になりました。

リチャード・ジェンキンスCEOは”今回のファンディングがセイルドローンには重要な転機となった。

その理由は、新しい全世界のインフラの配置が地球を計量化するというビジョンを実現する中核の役割をするためだ”だと言って

“私たちが構築しているドローン編隊を通じて前例のない高解像度の現場データを提供することにより、地球に対する知識を大幅に増やすことができ、したがって、全世界多くの人たちが恩恵を受けられるようになる”と話しました。