米国、衛星とドローン総動員!北朝鮮が別に核兵器を隠しているか監視強化!

北朝鮮の上空雲透過するセンサーと地中変化するセンサーで情報収集

米朝首脳会談を控えて米情報当局が北朝鮮に対する監視を強化しているとCNN放送が報道しました。



これは北朝鮮が核兵器などを別に隠すことを監視するためのものと考えられています。

米国家地理情報局(NGA)局長はCNNに”NGAは衛星とドロン、地図、独自分析などを通じて北朝鮮の上空で、地表面を見下ろしながら、核心的な監視活動をしている”、

“NGA以外にも他の情報機関やスパイ組織がほぼ毎日、ホワイトハウスに北朝鮮に関する情報ブリーフィングをしている”と明らかにしました。

NGAは衛星などを利用して、地形情報を収集して分析する国防部傘下の機関です。



CNNはNGAが5月末から1年間、衛星写真と感知器などを使用して北朝鮮のすべての軍事施設に対する具体的なデータを把握、提供することを民間企業に要請する契約書を23日公開したりしました。

CNNは、消息筋を引用して”北朝鮮の上空にはよく雲が多く上空で撮った写真だけに依存することは難しい”、

“民間企業が雲を透過するセンサーと地中の変化を感知できるセンサーを通じて把握した情報を提供すれば、NGAがこれを分析している”と言っています。