米国、ドローン(Drone)でハンバーガー配達開始!

ついに米国がドローンで配達サービスを開始しました。

これからはドローンで物を配達されるのが現実化される予定です。



現在米交通部が10都市で、ドローンモデル事業を承認しました。

カリフォルニア州サンディエゴ、ネバダ州リノ、テネシー州メンフィス、バージニア州ハーンドン、フロリダ州フォートマイヤーズなどです。

モデル事業者としては10個あまりの会社が選定されました。



車両呼び出し会社であるUber(ウーバー)はサンディエゴ・パドレスで、ドローンでハンバーガーのような食べ物の配達サービスを試験する予定です。

アップルはノースカロライナ州で航空写真を撮影して、 グーグル親会社のアルファベットは、

バージニア州で物品の配送を試みるなど、マイクロソフト、インテルを含めた情報技術(IT)、大手企業が大挙承認を獲得しました。

宅配業者であるフェデックスはメンフィスで航空部品を配送します。

病院に医薬品を供給するMatternet、血液配送会社の家ラインなどの医療関係者らもテスト事業に含まれました。