ドローンレビュー:dji tello レビュー バッテリー プロポ コントローラー カメラ スペック

tello dji レビュー バッテリー 100mAh最大距離100m、13分間飛行可能



dji tello コントローラーとdji tello バッテリー

100mAh着脱式バッテリーを搭載したホテルは最大100m距離を13分間飛行することができます。

DJIスパークのジェスチャー技術を一部活用して手のひらを認識する離着陸とバウンスモード、8方向に回転するフリップ飛行が可能です。

基本的な操縦はスマートフォンのホテルアプリを活用しますが、

追加でGamesirゲームパッド、Apple MFi認証ブルートゥースパッドと連動することも可能です。

DJI X Intelのプロポ(送信機)なし?安定的な飛行システム

DJIはtelloに自社の検証されたビジョン・ポジショニング・技術を伝授しました。

現在飛行高度や位置を自動的に維持するビジョンポジショニングは安定的なドローン制御のための核心技術ですが、

ここに、周辺環境を把握し、衝突を防止するインテルのビジョンプロセシングまで加わり、より安定的な飛行が可能になったんです。



また、telloには無線接続が切れるノコン状態に備えた自動着陸システムが内蔵されました。

dji tello カメラ720p/30fps、500MP映像リアルタイム伝送

telloは同級のミニドローンより優れたカメラ性能を誇っています。

一般的に480p/200MPレベルの低画質映像を支援する競争モデルたちより高い720p/500MPのHD映像を撮影できるカメラが搭載されました。

撮影画面は、ワイファイを通じて、スマートフォンにリアルタイム伝送されます(FPV)。

バーチャルリアリティヘッドセットと連動すると、飛行中ホテルの視野(80.6°)をリアルに共有することも可能です。

初心者も可能なドローンスタイル撮影

特殊撮影モードのEZセットを活用すれば、操縦に未熟な人でも感覚的なドローン映像撮影が可能です。

EZのショットは360度撮影、アップ&アウェイ、サークルなど3つの映像録画を支援しますが、

360度モードで周囲の空間を広く保存できてアップ&アウェイを活用すれば、被写体と周囲の色をスカイビュー美しく撮影できます。

ここに電子式ぶれ防止(EIS)を適用して映像の揺れを最小化しました。

スクラッチに拡張するtelloの潜在力


telloの機能と使用先はスクラッチを通じて拡張できます。

スクラッチは手軽なブロック型のコーディングスタイルで子供及び一般人のプログラミング教育に活用される言語です。

tello紹介映像を見ると、スクラッチで作成したプログラムをtelloに認識させると、3台のtelloが団体群舞を踊る姿を見ることもあります。

このように開発言語を活用した教育、コンテンツ製作が可能という点がホテルの差別化された特徴です。

DJI側は今後telloが支援可能な言語の幅をさらに広げる計画だと明らかにしました。