ドローンレビュー:DJI Sparkの使い方 コンボ 価格 コントローラー バッテリー

‘ドローン業界のアップル’と呼ばれる世界1位、ドローン製造会社DJIが初歩者も簡単に活用できるミニドローンDJI Sparkを発売しました。

DJI SparkはDJIが披露したドローンの中で最も小さいです。

プロペラを畳めば、片手にすっぽり入ります。



重さもスマートフォン2個レベルな300gに過ぎません。

‘ライフスタイルアクセサリー’を標榜するほど、携帯性が良いです。

しかし、DJI Spark 機能は強力です。

1千200万画素カメラと2軸機械式ジンバル(水平を合わせてくれる装置)を搭載したスパークは使用者の手のひらと顔を認識し、操縦機なくて

自動で舞い上がった次のセルフ写真(セルフィ)を撮影しています。

ドローンレビュー:DJI Sparkの使い方

4つの飛行モードは直観的に構成されています。



カメラを下に向けたまま垂直上昇する’ロケット’、被写体から離れ、上に上昇する’ドロー、’、被写体の周辺を旋回する’サークル’、

だんだん広い円を描きながら上昇する’へリックス’などです。

10秒の動画を自動生成してくれるために音楽など音だけ負わせると、ソーシャルメディアで、すぐ共有できます。

ドローンと連結したスマートフォンの画面をタッチして望む地点まで移動させるタブフライ(Tap Fly)、

指定した被写体を追いながら、映像を撮影するアクティブトラック(Active Track)などの機能もあります。

DJI Spark コントローラーに2キロ、操縦機なしに100mまで飛行し、リアルタイム映像を伝送します。



DJI Sparkバッテリー高容量リチウムバッテリーのおかげに最長飛行時間は16分に達します。

スポーツモードを設定すれば、最高時速50キロの速度で飛行します。

機体の色はアルパインホワイト、スカイブルー、メドウグリーン、ラバー・レッド、サンライズイエローなど5つの中から選択することができます。

DJI Sparkバッテリーが落ちたり、連結が途切れた場合、使用者がリターン・トゥ・ホーム(RTH)ボタンを押すと内蔵された位置情報システム(GPS)をもとに、本来の場所として戻ってきます。

DJI Spark コンボ 価格 Spark Fly Moreコンボ ¥72,700(標準¥46,170)