ドローンレビュー:DJI Mavic Air fly more コンボ 違い?価格バッテリー充電!
Mavic Airレビュー:Mavic Air fly more combo違い?

 

DJI Mavic Air標準セットとMavic Air fly moreコンボとどちらを購入しても本体の性能に違いはありません。

しかし、DJI Mavic AirはFly Moreコンボを購入した方が安いです。

 

 

Mavic Air fly moreコンボは、標準セットとは違って、予備バッテリー2点、専用バッグが追加されたセットです。

Mavic Air fly moreコンボにはバッテリーを同時に4つの充電が可能なハブが入っています。

また、専用のかばんにはバッテリーが4つ同時に収納可能なフォームとチャックパックがあります。

DJIは全世界のドローン市場の60%を占めている企業です。



ドローン系のアップルDJIがポケットにすっぽり入るDJIメビクの後続機種であるDJI Mavic Air。

Mavic Proの機能に小型化・軽量化を加えたDJI Mavic Airの最も大きな特徴は、4K 30fpsの動画撮影ができ、3軸ジンバルを搭載したという点です。

重さは430gでとても小さくて軽い上、マグネシウム合金のフレームで耐久性も高めました。

被写体自動追尾機能と衝突防止機能、ジェスチャー撮影機能などの専門家水準の自動撮影機能があります。

カメラがなんと7個も入ってこのカメラセンサー情報に周辺状況をはっきりと認識します。

高性能チップの発熱を抑えるために全面で外気を受け入れた後に放熱板を通過させた後に後方に排出します。

また、大きさが小さくて小型ケースに入れて歩くことができます。

アウトドア活動をたくさんする方たちにいいドローンです。

カメラには1/2.3インチCMOSイメージセンサーが入っています。

先立って強調したように、4K 30fpsの動画の撮影ができ、3軸ジンバルでゆるぎない映像を撮影することができます。

また、1080pフルHD解像度では120fpsのスローモーション撮影も可能です。

写真は1,200万画素の撮影が可能です。



ここにHDR機能もあってダイナミックレンジが高い写真も撮影することができます。

360度パノラマ撮影も可能です。

25枚の写真を合成して3,200万画素のパノラマ写真を一ボンウタッチで撮影することができます。

最大飛行時間は21分です。

720Pのライブビュー機能で撮影シーンをリアルタイムで見ることができます。

折りたたみ式ランディングギアを使用して志向性がないアンテナで通信距離を増やしました。

最大通信距離は最大4km、最高速度は秒速19m、時速68kmです。



スマートジェスチャー機能で撮影者のジェスチャーを認識して自分撮りなどを撮影することができます。

APAS、高性能の操縦支援システムも搭載して事物との衝突を避けることができます。

複数のカメラセンサーで姿勢制御技術を備え、高い安定性を備えました。

前方と後方に衝突防止センサーがあって障害物も迅速に感知して避けます。

追跡機能であるアクティブ・トラック(Active Track)を通じて様々な被写体を追跡でき、被写体追跡機能そのものも向上しました。

アストロイドゥ(Asteroid)とブーメラン(Boomerang)などのクィクシャッ機能を利用すると特定動作を容易に具現することができます。

ブーメラン機能は撮影者の周辺をぐるぐる回ってから動画で撮影します。

小型コントローラにスマートフォンを装着して撮影シーンを見ながら操縦をすることができます。

また、DJI、ゴーグルと連動も可能です。 重さは430gも大きさは168 x 83 x 49mmです。

保存媒体はmicroSDカードを支援します。 内蔵ディスクスペースは8GBが入っています。

メビクエアは最上位モデルであるメビクプロとエントリーモデルであるスパーク(Spark)の中間に置かれた製品です。

色はアクティクホワイト、オニキスブラック、フレームレッド2つがあります。

Mavic Air 価格:標準セット¥103,990

DJI Mavic Air Fly More コンボ ¥129,000