ドローンレビュー:DJI Inspire 1スペックカメラモーター不具合アップデート
ドローンレビュー:Inspire 1レビュー ~スタート!

DJIが発売したInspire 1は初心者も簡単に4K空中撮影ができるようにしてくれているドローンです。

DJIは専門家向けの撮影用ドローンPhantomシリーズに続き、初心者も利用できるモデルでこの製品を発売しました。



DJI Inspire 1は離陸直後にはプロペラランディングギアが機体より高い位置に移動します。

DJI Inspire 1スペックとカメラ性能!

機体の底に位置したカメラは360度をぐるぐると回り、妨害物なしに撮影をすることができます。

このカメラは前述のように4K動画撮影を支援。 1.6km離れたところで1080p映像撮影も可能です。



プロモデルの場合にはアイパッドをコントローラに装着して撮影風景をリアルタイムで確認することもできます。

DJI側はこの製品を発売した理由として、専門家用ドローンが依然として接近しにくいという点のためだとし、DJI Inspire 1は初心者も簡単に操縦できる製品だと明らかにしました。

DJI Inspire 1は室内でも安定的な飛行が可能であるが、これはGPSに依存するPhantom2では不可能なものです。

このように室内飛行も可能な理由は、機体の下部にあるカメラのおかげです。

このカメラで地上を認識して飛行位置を調整します。

DJI Inspire 1は、4K動画撮影以外に1,200万画素で写真を撮影することができます。

先立って説明したように、位置を変えるランディングギアのおかげで、カメラが360度の周りをくるくると回りながら撮影することも可能です。

また、デュアルコントローラを支援、一人が操縦を、他の人が撮影を分担する空中撮影をすることができます。

HDMI外部出力端子を備えて外部モニターを通じて映像を出力することができ、3D専用ソフトを通じ、飛行経路を指定することができます。

DJI Inspire 1不具合と初期不良のクイーンズは?

DJI Inspire 1不具合の場合、まずは、DJI Inspire 1のアップデートをしてみる。

しかし、アップデートしても直らない場合は、まずは購入店へ申しひて、機体を送ります。

DJI Inspire 1モーター情報:3510H Motor