ドローン 200g 以下 以上の法律 規制

ドローン 規制:機体重量に分けて

200g以下のドローン:道立公園と主要機関で規制対象。

200g以上のドロン:改正航空法と都立公園と主要機関で規制対象。

改正航空法(2015年10月改定)で東京内の人口集中地区では200g以上のドロンは規制の対象になります。
(ほとんどの地域で許可や承認が必要。)

東京から遠く離れた西の地域のような場合(山の中に入っていくようなところ)には規制対象に入って行きません。

(河川は国土交通省が管理するために河川管理者に許可申請や規則があり得るために国土交通省に事前に確認しなければなりません。)

無許可で人口集中地区内で、ドローンを打った場合、警察に逮捕され、罰金20万円とともに犯罪者になります。

許可を受けるためには、かなり厳しい条件が必要して個人がするにはほとんど無理と見なければならないそうです。

追加で国土交通省に許可をもらおうとしても門前払いを受けることができ、

このようなのも、日本の行政書士と相談を通じて進行する方々もいます。